製品ラインナップ

FRPグリッド増厚工法・SRS工法・断面修復工

ポリマーセメントモルタルサーブ15・サーブ15D

< サーブ> は、高機能性特殊粉末樹脂および特殊短繊維をプレミックスした特殊無機系パウダーからなるポリマーセメントモルタルです。吹付け・コテ塗り両用タイプで、様々なシーンで活躍します。

サーブ15・サーブ15D

サーブの特長

サーブの特長
容易な混練作業

現場で所定量の水と混練するだけで、安定した性状のポリマーセメントモルタルを製造することができます。

優れた施工性

吹付け施工時のはね返りやダレがなく、天井面において最大30mmまで一度に厚付けが可能です。また、吹付け施 工後の左官仕上げが容易で、良好な仕上がり面が得られます。

高いひび割れ抵抗性

高機能性特殊短繊維を配合しているため、乾燥や衝撃などによるひび割れに対して高い抵抗性を示します。

優れた付着性

付着性に優れ、既設コンクリートとの一体化が図れます。

優れた耐久性

特殊無機系材料を主成分としているため、長期にわたって安定した性能を発揮し、耐久性、耐候性に優れています。

サーブの用途

サーブ15
橘梁床版・桁などの増厚補強工事
耐力の不足した構造物に補強材を組合わせて増厚補強することにより耐力を向上させます。橘梁床版下面・桁などの供用中の増厚工法に適しています。
サーブ15D
RC橋脚などの耐震補強工事
鉄筋やFRPグリッドなどの補強材と組合わせて巻立てることにより耐震性能を向上させます。
トンネル・カルバートボックスなどの増厚補強工事
耐力の不足した構造物に補強材を組合わせて増厚することにより耐力を向上させます。
コンクリート構造物の劣化部分の断面修復工事
鉄筋の腐食によるかぶりコンクリート剥落部分や衝撃などによる欠損部分の修復に適しています。

サーブの施工要領

1

施工面の浮き、脆弱箇所、油性分を除去します。

2

鉄筋部分は錆を落とし、防錆剤を塗布します。

3

下地コンクリートを十分に水洗いし、断面修復材の付着を阻害するものを取り除きます。乾燥後、専用プライマーを塗布してください。

4

ミキサーにサーブ15Dを投入し、練混ぜ水を注入後、約3~5分間練混ぜてください。

5

コテ塗り施工の場合は、下地に3~5mmの厚みでサーブ15Dをしごき塗りしてください。

6

吹付け施工の場合は、材料に適したモルタルポンプ、コンプレッサー、吹付けガンを使用して作業を行ってください。一層の吹付け厚は20~30mm以下程度としてください。

7

2層目以降の施工は、前層のモルタルの締まり具合を確認後、塗り重ねてください。

8

施工後は直射日光、風等が当たらないようにシートがけ養生等を行ってください。また、冬期は保温養生を心がけてください。

標準配合

  水/ サーブ15(D) サーブ15(D)( 配合量) 水( 配合量) 練上り量
サーブ15
  • 1袋配合
  • 1m3配合
16% 1袋(20kg)
89袋(1.780kg)
3.2L
285L
約11.0L
サーブ15D
  • 1袋配合
  • 1m3配合
16% 1袋(20kg)
93袋(1.860kg)
3.2L
298L
約10.8L

※気温等により水量は多少変動(3.0~3.4L/袋) いたします。

吹付けシステム例

吹付けシステム例
機器名 サーブ15・15Dの仕様
発動発電機 定格出力25KVA
コンプレッサー 吐出量2.0m2/min
モルタルミキサー 練上り量80~100L
モルタルポンプ 吐出量5L/min
水タンク 1.0m3

サーブの施工例

サーブ15

・主桁側面増厚補強

主桁側面増厚補強

・床版下面増厚補強

床版下綿増厚補強

・主桁底面増厚補強

主桁底面増厚補強

・張出床版下面増厚補強

張出床版下面増厚補強

サーブ15D

・道路トンネル吹付け施工

道路トンネル吹付け施工

・水路トンネルコテ塗り施工

水路トンネルコテ塗り施工

・橋脚吹付け施工(SRS工法)

横脚吹付け施工(耐震補強工)

・側壁吹付け施工

側壁吹付け施工
トウグリッド

FRP 補強材トウグリッド

トウグリッドは、カーボン繊維やガラス繊維などの高性能連続繊維を、耐薬品性に優れた樹脂に含浸させながら格子状に一体形成したFRP製コンクリート補強用材料です。

仕様表

  品番 引張強度(N/mm2) 引張弾性率(N/mm2)
トウグリッド(高強度カーボン) FTG-C、FTG-CR 1,400 100,000
トウグリッド(高弾性カーボン) FTG-CMR 1,200 165,000
トウグリッド(ガラス) FTG-G 600 30,000
鉄筋 SD295 295 200,000
お問い合わせ
ページTOPへ